yurikamomeの日々


排水ホース、ヨシ!!

f0071144_20295664.jpg
以前住んでいた社宅でのこと。
昭和中期ごろ(?)に建てられたかと思われるそのオンボロ社宅は、
洗濯機の専用置き場がなかった。
そこで、玄関を入ってすぐの所に洗濯機を置き、排水ホースは、
洗濯のたびに、浴室まで引っ張って排水するようにしていた。
( ↓ 参照)

当時、洗濯は主として夫の仕事であった( ← 今でもそうか・・・)。
夫が何かの折に数日間不在になったとき、久しぶりに自分で洗濯機を
回すことにした。

そのときに、やってしまったのである。

排水ホースを浴室に引き込むのを忘れて洗濯を開始したおかげで
室内は、みるみる水浸しに・・・。

下の階にも水漏れしてしまったようで、慌てて下の階の住人に
謝りに行った。
奥さんに室内を少し見せてもらうと、トイレまでが水浸しに
なっていた。
拭き掃除用に、古バスタオルを何枚か置いて、とりあえず
引き揚げた。

かつてこの社宅に住んでいた人の話で、下の階への水漏れで深刻な
トラブルになった・・・という事例も聞いていた。
下の階の奥さんは、大丈夫ですよと言ってくれていたが、
もしかしてご主人がコワい人で、難癖をつけてきたりしたら
どうしよう。
実はその頃、私は仕事のストレスで疲弊しており、些細なことにも
ナーバスになりがちだったのである。

とにかく、二度とこういう事を起こしてはいけない。
徹底した再発防止策を講じなければ。

そこで私は、以下の対策を考案し、実施した。
「排水ホース、ヨシ!」と書いた札を、洗濯機の上方の見やすい
 位置に取り付ける。
② 洗濯の際は、その札を見ながら「排水ホース、ヨシ!」と
 指差し称呼を行う。(何だか、会社の仕事のノリなのだが・・・。)
f0071144_20330861.jpg
しかも、気難しい(かも知れない)下の階のご主人にご心配をかけない
よう、上記の対策をとっている旨を書いたお詫びの手紙を届けることに
した。

数日後、菓子折りをもって改めて謝りにいき、
「ご主人にも読んで頂いて下さい」と、奥さんにその手紙を渡した。
彼女は、あの日は天気も良かったし、外出して帰ってきたらすっかり
乾いてましたよ~と笑いながら言ってくれた。

それ以降、上記対策の実施に努めたおかげで、排水ホースを準備し忘れて
水浸しになる事態は起こさずに済んだ。
(ヒヤっとしたことはあったけれど・・・)

暫くして、下の階の人が引っ越していくことになった。
うちが外出している間に挨拶に訪れたようで、お菓子とメモ書きと
「何かあったらこちらに連絡を下さい」といってご主人の名刺が入っていた。
(当時私は、社宅で集金などの係を務めていたので、気を利かせてくれた
ようだ。)

その名刺を見て、私は「下の階のご主人」が、会社の同期であったことを
知ったのである。(同期とは言え、ほとんど面識はなかったが。)

名刺に記載されていたアドレスを見て、同期M氏にメールを書き、
水漏れの件を改めて謝ると、彼からは
「気にしないで下さい。こちらこそ、わざわざお手紙も頂いて・・・」と
返事があった。
改めて、下の階の住人が良い隣人であった巡り合わせに、感謝の念を覚えた。

・・・その社宅も、用地売却という事情で廃止され、今では、随分マシな
住居に住んでいる。(家賃は高くなったけど。)
洗濯を始めるたびに、排水ホースを延ばす必要もない。
それでも「排水ホース、ヨシ!」の札は、そのままにしてある。

これを見て、私の失態で迷惑をかけたのに、気持ちよく許してくれた
M氏夫妻のことを思い出そう。
社宅を出たのは海外転勤だと言っていたが、無事に過ごしているだろうか。

そして、あの頃に比べれば、私の体調や気持ちの状態も随分良くなった。
ストレスが増大するような事があっても、心の処し方の工夫で、かなり
乗り切っていけるようになった。

そういうことも含めて、人生のさまざまな事象に有難みを感じながら
これからも生きていこう。

[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-10-07 20:39 | 雑感 | Comments(1)


「モニタリング」を見るつもりが・・・

f0071144_15374033.png
ある木曜の夜、「今日も疲れたし、ビール飲みながら、TBSの『モニタリング』でも
見てダラダラするかな~♪」と、テレビを付けた。
ちなみに『モニタリング』とは、何も知らない一般人などに、ドッキリ的な
シチュエーションの仕掛けをしてその反応を楽しむという番組である。
エゲツないなぁ~と思う時もあるけれど、ビールを飲みながらユル~い気分に
浸るには結構いい。

が、残念なことに、その日は『モニタリング』を放送していなかった。

ほかのチャンネルに変えてみても、今一つ面白そうな番組がない。
こういうときは、仕方がないので最終手段(?)として「放送大学」に合わせるのが、
私の常である。

「放送大学」・・・それは、毒にも薬にもならず(というか、内容的に役立つと
いう意味で、薬になる場合はある)、平和な気分で眺めていられる番組なのである。
テレビを付けたらいきなり不快な有名人(!)とかが画面に出てきて焦った場合に、
緊急避難的に放送大学に切り替える、という使い方も・・・。

そういうわけで放送大学にチャンネルを合わせると、「アルミニウム合金の析出
組織」の電子顕微鏡写真が、いきなり画面に登場。
私が大学で学んでいた金属工学、それも、所属していた研究室のテーマと密接な
世界である。
「う、うそ~。」と、一瞬、目が釘付けになる。

アルミニウム合金は工業的には非常にメジャーな材料で、ビールの缶から
航空機の材料まで様々に使われているが、その合金結晶のミクロな組織を
電子顕微鏡で見るとこうです、という内容がテレビに登場することは、ほとんど
ない。
それだけ専門性が高いのだが、逆に、すごくマイナー(かつオタク?)な世界
なのである。
「放送大学」と言えども、これが出てくるとは、かなりの驚きではある。

画面に映し出された写真や図を説明する「放送大学」講師の話を聞きながら
私は、大学の研究室で指導を受けていたS先生(=当時の助教授)
のことを思い出していた。
S先生はまさに、こういう話を授業で説明したり、研究室の学生に語ったり
していた。
テレビの講師の声を、当時のS先生の声に重ね合わせながら懐かしさに浸る。

そのうち、指し棒を持った講師の指が現れ、画面内の写真の一部分を差した。
S先生も、こういう感じで「指毛」が濃かったよなぁ。
あのころ研究室で、隣に座って電子顕微鏡の操作を教えてくれたりしていた
S先生は、たしかに「指毛」が濃かった。
(しかし、研究に集中しないで何を見ていたのか当時の私・・・。)

ついに、テレビの画面がスタジオに切り替わり、講師の顔が映った。
そこにいたのは、まぎれもなく、S先生であった!

番組は、放送大学の「材料工学と社会」というプログラム。
S先生は、その講師を務めていたのである。

私は、ビールの炭酸をプハ~と吐き出しながら、
「先生だったんすか~ もう!!!」と、崩れ落ちながら思わず叫んだ。
最後に事実を知らされて驚きながらもズッこける、『TBSモニタリング』の
ターゲットになった気分・・・ということにしておこう。

その後も講義は続き、私は番組の最後まで真面目に視聴した。
(ビールを飲みながら、だけど。)
この講座は全14回のシリーズで、その日に放送されたのは最後の2回だったようだ。
う~ん残念・・・。

  * * *

8月に千葉の館山へ行ったとき、海辺を散歩中にウミネコを発見。

f0071144_15365052.png


[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-10-01 15:41 | 雑感 | Comments(0)


ボケの上書き ~7月32日~

f0071144_16252864.jpg

8月に入って最初の日。
会社で、ある書類に日付印をポンと押したところ、なんか日付が変・・・( ↓ )
f0071144_16371799.jpg

押された日付をよく見ると、「7月32日」。
前日の7月31日に使った後で、何気なく日付を一つ進めたのだが、月を
変えるのを忘れていた。

めんどくさいので、手書きで「8/1」と日付を書き加えて
グループリーダーのT氏に回したら、
「じゃあ、俺もツッコミで、『8月0日』あたりにしておこうか?」

それは、恥の上塗りというか、ボケの上書きという感じなので、
やめましょうよTさん・・・


以前、韓国の辛い調味料「コチュジャン」の賞味期限の表示が
「2013.2.30」となっていたことを書いたが、私も人のことは言えないと
いうことが、よーく分かった。
(でも食品会社が間違えるって、やっぱりあり得ないよな~)

http://kamome0403.exblog.jp/18578477/

  *  *  *

しかし、7月32日というのは結構いい響きだ。
小学校の頃、夏休みは7月の間がいちばん嬉しくワクワク感に溢れていたが、
8月に入ってからは驚くほど速く時間が過ぎ、あっと言う間に8月後半に
なってしまう。
そうすると、何となく重苦しい気分になったものだ。

ずーっと7月のままだったら、うれしかったな。
[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-08-11 16:35 | ○ 仕事の日々 | Comments(0)


酒飲みの風上にも置けない

試験も落ちたし、久々に、部内のS名氏と飲みに行った。
( ← 先月のことだが。)
S名氏は、私が会社に入った随分昔から、職場の仲間も交えて一緒に
よく飲みに行った飲み仲間であるが、今では部長の肩書を持ち、
すっかりエラくなっている。

飲み屋にて。
おつまみメニューに「壺きゅう」というのがあったので、まずは
それを注文してみた。
小さなツボに、ごま油か何かで味付けをしたきゅうりが入っており、
細い串で刺して食べるもので、
「ツボに入っている意味って、何かあるのかね~」
などと言いながら二人でパクついていた。

「そう言えば『○○きゅう』っていうおつまみ、いろいろありますよね。
『もろきゅう』とか。」
と私が言うと、S名氏の口から、驚くべき発言が・・・!

「もろきゅう? あれは、『モロ、きゅうり』だろ」

  えっ。あれは、きゅうりにもろみ味噌を付けて食べるんでしょ。
  モロきゅうりじゃ、何も付けないきゅうりじゃないですか!

しかもS名氏、冗談とかではなく、本気でそう思っていたらしい。
おつまみの定番とも言うべき「もろきゅう」を、そんな風に誤解していたとは
酒飲みの風上にも置けませんな。
しかもS名氏、いいオヤジなのに(←失礼!)
『モロ、きゅうり』
なんて、発想が若者ライク(?)なところが意外である。

それでは、これも居酒屋で時々出てくる『梅きゅう』は、
『うめぇ~キュウリ』なんですか?
・・・などと口にしたら、オヤジの仲間入りをしそうなので、やめておいた。

 ★S名氏との過去。
 http://kamome0403.exblog.jp/6182043//
[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-07-25 20:11 | 雑感 | Comments(2)


学びと成長の日々

f0071144_8111173.jpg

職場に新人がやってきた。
4月から約2か月の研修・実習を経て、うちの部署に正式に配属
されたことになる。

外からかかってく電話を率先して取って対応している様子が、
ほほえましくもあり、頼もしい。

思えば、新入社員時代の私も一生懸命電話を取っていたが・・・、

電話口の相手から「いつもお世話になっております」と言われて
((そんな、お礼を言わるようなことは何も!!)) と混乱してしまい、
『い、いえ・・・・』
と言ったまま絶句したりしていた。
今思えば、アホである。

そんな私も、ベテラン社員の域に達してしまった。
社会人歴はベテランでも、日々の仕事では、相変わらず失敗と学びと
成長の日々だ。

  * * *

そして試験でも・・・「ベテラン受験生」のキャリアをまた1年
更新することになった。
ありていに言えば、5月の1次試験で落ちたのである。
いろいろ思うところはあるが、また、来年の試験に向けて淡々と
進めるのみ。

そう、日々、学びである。
着実にやらなくては。。
f0071144_8113186.jpg

[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-06-28 08:15 | 雑感 | Comments(4)


ご安全に!/試験までの日々

f0071144_13491823.jpg

昨年度の「全国安全週間」(7月1日~7日)のポスター。
会社に掲示されていたものを、期間終了後に、職場の安全責任者に頼んで
持ち帰らせてもらい、自宅の壁に貼っている。

水面からジャンプしながら「ご安全に!」と言っているイルカが
可愛らしい。
「ご安全に!」は、工場や研究所などを有する当社(メーカー)の
社内用語である。

イルカは、ハンドウイルカと呼ばれる種類のようだ。
右端には、なにげにウミネコらしきカモメまで写っているのが、
私にとってはポイントが高い。

実は私はイルカも好きで、昨年グアムに旅行したときはイルカウォッチングの
ツアーにも参加したが、あんまり見られなかった。
でもグアムは楽しかったので、受験勉強仲間の女友達Kさんと
「試験に受かったら一緒にグアムに行こうね~」と言い合っている。

試験も直前期に入り、この連休期間は(例年と同様に)勉強漬け。
勉強で頭を使うこと自体は別に苦痛ではないのだが、ずっと机に向かって
いると、体がしんどくて、つられて精神的にもしんどくなってくる。

そういうときは、「ご安全に!」のイルカを見て、ふっと力を抜いてみる。
こんな余裕の表情で、試験までの日々を乗り切っていきたいものである・・・。
[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-05-04 13:52 | 雑感 | Comments(2)


昔は少女だった・・・

自分は物持ちが良いほうで、子供だった頃に使っていた文房具などを
まだ使っていたりする。
f0071144_7301599.jpg

これは、中学2年くらいのときに買った定規。
近所の小さな文房具店で買ったと思う。
透明な本体に木立と風船のイラストが描かれ、「夢みる風船」の文字が
入っている。

今は会社のデスクに置いて、手に取るたびに「昔は少女だった・・・」と
懐かしみながら使っている。

小中学生の頃は、こういう可愛らしいグッズが好きだった。
特に、うちの親はこんな女の子っぽい商品(?)を積極的に買ってくれる
ような感じではなかったので、こういったファンシーグッズが喉から手が
出るほど欲しかった。

今でも覚えているのだが、小学4年くらいのときに、お小遣いで消しゴムを
買った。
ウサギか何かのイラストがついた赤い消しゴムで、可愛いデザインと色に
心をときめかせながらも、
((こういう物を使っていたら、マジメな文房具しか買ってくれない親から
怒られるのではなかろうか?))
と若干ビクビクしながら、親に消しゴムが見つからぬよう気を付けながら
使っていた。
妹にだけは、「こういうの買ったよ」と見せたかもしれない。


その後は(免疫がついたのか)平気になって、

・お菓子の匂いのする消しゴムとか、
・あんまり消えないけど色と形が奇抜で子供受けのする消しゴムとか、
・水飴みたいにビヨ~ンと伸びる、もはや字を消すといいう機能は二の次の
「ねり消し」という代物とか・・・、

それこそ親が眉をひそめそうな消しゴムを、さんざん買っては使ったのであった。
f0071144_736527.jpg

f0071144_7351061.jpg

[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-04-28 07:41 | 雑感 | Comments(2)


「怒!!」

部屋で探し物をしていたら、スケッチブックが出てきた。

これ、実は6年前に「ケーブルテレビ品川」の番組に出演する機会があって、
そのときに使用したものである。

番組名は『突撃!! リサーチャーズしなココ』といって、
番組レギュラー出演者と「品川区民代表」が “対決” するクイズ番組のようなもの。
この回の「品川区民代表」は、

 1. 八潮・ティーンズフェスティバル実行委員(高校生2名)
 2. なかのぶジャズフェスティバル実行委員会 副委員長(1名)

であり、私はその後者(2.)として出演したのである。
(当時、品川区内の中延で行われるジャズフェスティバル実行委員会の
 副委員長を務めていた。)

クイズは品川に関するもので、問題の一つに
「坂本龍馬の絵を描いてみて下さい」というのがあった。
えっ。龍馬って土佐じゃないの?
→ 実は、品川区内に龍馬ゆかりの地があるのだそうである。

そんな~。龍馬って実はよく知らない・・・
(両親は高知出身なんだけど。)

渡されたスケッチブックを前に、あたふたしているうちに
制限時間が来てしまった。

仕方なく私が書いたのが、これ。
f0071144_8241785.jpg

後で放送を見てみたら、スタジオ内の大爆笑に憮然としながら
スケッチブックをドスンと置く私の映像に「怒!!」のテロップと効果音が
被せられていた・・・

ちなみに『なかのぶジャズフェスティバル』は、その後も毎年開催されて
いるのだが、試験勉強を理由に、実行委員としての活動は控えさせてもらっている。

ということは、もう6年も経つのに、いまだに試験に受かってないって
ことですよね・・・(怒!!)

  * * *

横浜駅近辺、照明灯の上にセグロカモメを発見。
やっぱりカモメは、高い所が好きだな~。
f0071144_8252758.jpg

[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-04-06 08:34 | 雑感 | Comments(2)


心は疲れてない

今年も試験まであと2か月となった。
(毎年この時期、同じこと書いてる気がする・・・)

昨日は、昼から夜まで予備校で、模擬試験などで問題を解きまくった。
もう、へとへと。

学校の後、電車で横浜駅まで戻り、駅からは自転車で坂を越えて自宅へ。
疲れた体に鞭打って(?)、急な坂をこいで行く。

バスもあるのだが、運動も兼ねて、なるべく自転車にしている。
勉強のためには、スポーツジムに行く時間も惜しくなってきたので・・・。

マンションに着いたら、5階まで階段でGO.
これも運動の一環である。
もちろんエレベータもあるのだが、前のボロ社宅に住んでいた頃は
エレベータという選択肢すらなく4階まで昇り降りしていたことを思うと、
全く平気である。

部屋に着いたら、頭も身体も、もうくたくた。
でも、心は疲れてないぞ。

勉強はあまり順調に進んでいるとは言いがたいのだが、気持ちを前向きに
保つことがで出来ているだけでも、御の字だ。

ま、昨夜は、疲れた頭と身体を癒すためにビール飲んじゃったけど・・・。
(ジムに行く時間は惜しくても、お酒を飲む時間は惜しくないようだ)

  * * *

朝の通勤中、遠くに見える富士山。
これは何日も前のもので、まだ白く覆われている。

曇っていて見えないときもあるが、朝、富士山を目にすると、頑張ろうと
いう気になれる。
f0071144_14334063.jpg

[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-03-19 14:57 | 雑感 | Comments(0)


トンちゃんが7匹に・・・!

f0071144_10551839.jpg

我が家の抱き枕、トンちゃんが、いつの間にか7匹に・・・!

(前回紹介時は5匹。)
  http://kamome0403.exblog.jp/23111727/

これだけいれば、仮に将来トンちゃんが製造・販売中止になってしまっても
一生トンちゃんに不自由しないだろうと思っているのだが・・・、
さすがに寝るとき狭い、という感じがしてきた。
(いったい、何のためのトンちゃんだか分からない)

ところで、1匹だけ形の違う赤いヤツは、夫が韓国で買ってきたもの。
S字型でなく真っすぐ(I型?)なので、厳密にはトンちゃんではないのだが、
細かいことは言わない。

コイツを持って夫が帰国したとき、会社で仕事中だった私に彼が
メールしてきた。「家族が増えたよ。」

えっ。だ、誰が産んだの!?
と、一瞬ドキっと(?)してしまった私であった。
[PR]
# by yurikamome0403 | 2017-03-05 11:02 | 雑感 | Comments(2)

    

趣味は ドラムを叩くこと & カモメの追っかけ です。
by yurikamome0403
見て下さってありがとう
■以前 八戸・蕪島を訪れた
ときのウミネコの写真です。 〔 ⇒ こちらを見てね!〕

■旧Blogは ・・・ 〔ここ。〕

カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
最近、叩いてます (笑)
by bulbul at 09:03
おぉ、ナイスなタイミング!!
by yurikamome0403 at 18:42
さきほど "うなきゅう"..
by bulbul at 22:28
ははは、ホントはクールじ..
by yurikamome0403 at 22:50
いや、大人ですね。ますま..
by deshi1st at 00:02
でし殿、コメントありがと..
by yurikamome0403 at 00:01
歳をとってきたせいか、格..
by deshi1st at 00:19
私も、「そんな視点」で風..
by yurikamome0403 at 07:26
価値観、なにげに目にした..
by bulbul at 08:07
私も、「昔は」少女だった..
by yurikamome0403 at 14:30
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧