人気ブログランキング |

yurikamomeの日々


テレワーク活用の日々

「働き方改革」の流れに乗り、当社でもテレワークが導入されている。

導入は別によいのであるが、制度を浸透させるべく「今月は一か月の間に、
1回はテレワークを行うこと」などと義務付けるお達しが出たりして、
別にやりたくもないのに(?)テレワークを「やらされる」ことがある。


初めのうちは、うちで仕事をするという状況にどうも慣れず、しかも夕方が
近づくと冷蔵庫のビールが頭に浮かんできて、だんだん飲みたくなり、想定
していた時刻より前にさっさと仕事を切り上げて、ビールモードに入って
しまったりしていた。(もちろん、時間をそのとおりに申請するので勤務
上の問題はないのだが・・・。)


しかも、暑い時期だと衣服さえもうっとうしくなって、気が付くと、上半身の
着衣をすべて "省略" した状態でパソコンに向かっていたりした。
(とても、仕事をする「格好」ではない。)


そんなで、先日も家でテレワークをしたのだが、ワーク中に上司から
「ちょっとSkypeで打ち合わせをしたい」とメールが来た。

OKの返事をしつつ、いつか某所とのSkype会議で、知らないうちにカメラ
モードになっていた出来事( ↓ 下記リンク)を思い出し、上司には
「すっぴんなのでカメラ機能はご容赦願います」
と返事していた私。(わざわざ要らぬことを・・・ちなみに上司は男性。)

 https://kamome0403.exblog.jp/29954388/

上司からは「わかりました。音声にしますね」と丁寧な返事が。


そんなこんなで次第にテレワークも慣れてきて、意外とはかどるようになった。

今日もテレワーク申請して、一日うちで仕事をしたのだが、途中で上司に相談
したいことが生じ、Skypeで彼を呼び出した。
そのときも
「あの。カメラモードとかになってないですよね??」と念押しをしていた私。
(いや、今日はちゃん着衣していたけど。やはり「すっぴん」は気になる女心)


『え? あぁ、Uさんの顔は映ってないですよ、いつもの鳥が映ってます(笑)』


「いつもの鳥」とは、社内メールなどに表示されるアイコンの写真。

アイコンの写真は自分の顔写真にしている人も多いが(←まぁ、これが本来
なのだろうが)、私の場合は、こっちの方が可愛いという理由(!)で
ユリカモメにしている・・・。

f0071144_21163700.jpg








# by yurikamome0403 | 2019-07-05 21:23 | ○ 仕事の日々 | Comments(2)


昨日はバンド練習

昨日は月に一度のバンド練習。
試験が近いので、先月の練習以降、ドラムの個人練習をたった2時間しか
していない。
(案の定、昨日のスタジオでは、ヘマをやってボーカルから怒られた・・・)


別に音楽を生業としているわけではないし、練習不足でスタジオに臨むことも、
状況によっては仕方がない。
そんなときは、焦らず、かまえずに
・リズムを大切にして、
・基本に忠実に、
・丁寧に演奏する
ことに尽きると思っている。


試験まであと一週間。
精一杯やったつもりでも、やはり準備の薄かったところから出題されてしまう
こともある。

そういうときも、焦らず、かまえずに、基本に忠実に、丁寧に答案に向かう
ことに尽きる、と考えよう。

***


気分転換に、シャツを買った。(男物だけど・・・自分用。)

f0071144_15313807.jpg


# by yurikamome0403 | 2019-06-23 15:36 | ♪ DRUMS/音楽 | Comments(2)


H原氏との最近の日々

f0071144_19093183.jpg
もう10年以上も前に、会社のH原氏のことを採り上げたのだが、
https://kamome0403.exblog.jp/6038274/

この人、定年退職を経て、いまも(何かの形の契約で)当社に
雇用されていて、バリバリ健在である。

そして、私は今年4月に仕事の担当が変わって以降、この人と
実際に仕事をする機会が増えた。

f0071144_19091435.jpg
最初はあまり気が乗らなかったのだが、会議の場での彼の発言を
聞いたりしているうちに、意外にマトモなこと言ってる・・・と、
少し見直すようになった。(いや、人生の大先輩に対してその
「上から目線」は何だ、と言われそうだけど。)

だが、相変わらず「話が長い」「ごちゃごちゃいろんなことを
喋りまくる」点は変わっていない。


先日、何かの用事でうちのフロアにやってきたH原氏は、私のそばを
通り過ぎていったのを、いつの間にかまた現れて、声をかけてきた。
「いや、用事が終わって帰ろうとしたんだけど、貴方の姿を見かけたんで、
これ話しとかなきゃと思って、いったん1階まで下りたけど(4階まで)
戻ってきたんだよ」


しかも話し始めると同時に
「あっ、メモは取らなくていいよ。中身のある話じゃないから」と。

「中身のない」と、一応自覚しているのか。
そして、中身のない話で私の時間を消費するために、1階からわざわざ
戻ってきたというのもすごい。


彼は普段は他の事業所に勤務しているので、顔を合わせる機会はそんなに
多くないのだが、頻繁に電話をしてくる。
電話も長くて、用件だけでは終わらず、今かかえている他の案件の進捗状況
とかを事細かに、かつ延々と説明してくるのである。


でも、最近はそんな彼が、あまり憎めなくなってきた。
(多少の時間を消費されるのは仕方ないとして)、彼の仕事に向ける熱意は
伝わってくるし、あれこれいろいろ話してもらえると、業務の背景など
いろんなことが見えてきたりするから・・・。

が、私の前任者のR嬢(→ 現在は異動により、私のかつていた職場に勤務)は
「H原さん、良いときは良いのですが、たまに暴走するのですごく疲れます」
とこぼしていたなぁ。


# by yurikamome0403 | 2019-06-15 19:19 | ○ 仕事の日々 | Comments(0)


令和元年度の受験票が届く

f0071144_22302108.jpg

6月末に予定されている試験の受験票が届いた。

「令和元年度」の表示が新鮮に映る。

f0071144_22295799.jpg

この4月に社内の転勤があり、神奈川県内の他の事業所の勤務となって、
通勤も遠くなったし、仕事も大変になった。(毎日疲れてへとへと。)

勉強も遅れ気味だったのを、先の連休で、何とか挽回。(やっと・・・。)


ロックバンドも何とか続けているのだが、
X JAPANの「紅」など難曲が追加されてしまい(!)、個人練習の時間も
あまり取れない中、苦慮しているところ。


とにかく、日々取り組むべき課題を何とかこなすだけで、時間があっと
いう間に過ぎていく。
人生、こういう時期もあるのかも知れない。


# by yurikamome0403 | 2019-05-12 22:42 | 雑感 | Comments(0)


「酒飲んで寝ちゃう」!?

24年前の今日は、入社式だった。
たしか4月1日が土曜、その翌日が日曜だったかで、4月3日が入社式と
なったのだ(自分の誕生日だから、よく覚えている。)

長い会社生活の途中で、一度、転職を考えたことがあった。
もう十数年前のことになるが、ある省庁が募集していた任期付きの職員に
応募したのだ。つまり、国家公務員である。
採用試験を受けてみたところ、一次の筆記試験に合格し、次は面接へ。

 ( ↓ 面接当日のドタバタを綴ったブログ)
  https://blogs.yahoo.co.jp/yurikamome0403/17539979.html


面接で何を聞かれたのかは、今となっては殆ど覚えていないのだが、一つ
だけ記憶に残っている。面接も終盤に差しかかり、

 面接官「ストレスを感じたとき、あなたは、どうしますか?」


 私が「・・・」と、答えに詰まっていると、年配のその男性面接官は
笑みを浮かべながら言った。

「酒のんで寝ちゃう?」

(図星なので仕方なく)「はい」と答えた私。

面接の結果は、合格であった。

その後、いろいろ考えるところがあって、せっかくの採用を断ってしまった。
そしてまた、同じ会社に勤めること13年。

あのとき転職をやめた判断は、良かったのだろうか?

それについては、こう思う。

13年の間に、仕事のストレスで何度か体調を崩したり、自信が持てなく
なって生きる意欲を失いかけたり、乙な出会いがあって遅めの結婚をしたり、
いろいろなことがあった。
きっと、転職していたとしても、似たような道を辿っていただろう。
別の環境に身を置いたとしても、自分の本質は変わらないのだから・・・。
結婚ですら、時機が来てそうなったのだ、という気がする。

しかし・・・。
あの面接官は、なぜ「酒を飲んで寝る」と言い当てたのだろう(笑)

(適当に言ったのかも知れないが、相手が女性では、酒を飲むとも限らないし。)
いまだに、ちょっと気になる。

f0071144_20473654.jpg



# by yurikamome0403 | 2019-04-03 20:56 | 雑感 | Comments(2)


「イオン化傾向」で、ツボにはまる

f0071144_18355005.jpg
古~い話になるが(それは平成の初めころ)、大学で金属工学科の学生だった
私は、年度が変わって4年生に進級し、研究室に所属することとなった。

日々、実験室で作業をしては、研究室の自分の机でデータをまとめる。
あるとき、「さっきの実験結果を、後でグラフにしよう」と思い、
机の上にメモ書きとして「グラフ化」と書いた紙きれを置いておいたところ、
先輩たちがそれを指して「グラフイヒ」「グラフイヒ」と笑っていた・・・。

「化」の文字が乱雑で、「イヒ」に見えてしまったのですね。


当時、研究室には女子が珍しかったこともあって、先輩たちからは若干
イジられつつも、まぁ良くしてもらったと思う。
懐かしい青春時代である。

時は経って、つい先日のこと。
会社で隣席の同僚社員が、電話で話しながら「イオン化傾向が・・・」と
口にしていた。

イオン化・・・。
何気なく手元の紙に「イオン化傾向」と文字で書いて、あの方式で読んで
みると・・・、


 「イオン イヒ イヒ頁 向」


(ネット上の人々が掲示板とかで書いてる「ネ申」みたいなノリ(?)
ではあるが。)

「イオン イヒイヒ」がツボにはまってしまった私は、
((ウヒ~。誰かに言いたいけれど、ちょっと言えない・・・)) と悶々と
しつつ、仕事を続けるのであった。

  * * *

ところで、今の学生は「グラフ化」なんぞ Excel とかでやるのだろうけど、
私の頃は、グラフ用紙(=グラフ用 糸氏 ?)に一生懸命、手書きで
プロットしてたなぁ。

f0071144_18362234.jpg


# by yurikamome0403 | 2019-03-24 18:52 | 雑感 | Comments(1)


Tさんを偲ぶ

品川で、ジャズフェスティバルの実行委員仲間だった女性Tさん。
拠点となるジャズスナックに集っては、毎年のフェスティバルの準備を
進めていた仲間のうちの一人である。

そのTさんが、昨年4月に亡くなったことを知った。享年71歳。
   
Tさんといえば、企業メセナ協議会主催の 「メセナアワード2009」
担当者あてのメール冒頭に『 宛 企業セスナ ○○様』と書いて
しまうボケをかましていたおばちゃんである。

https://kamome0403.exblog.jp/11490558/

けっこうズケズケと物を言う面もあったけれど、いつも屈託のない
笑顔で「あっけらかん」とした性格の持ち主だった。
フェスティバル実行委員長であるジャズスナックのマスターや、実行
委員メンバーと激しくバトルを繰り広げていることもあった。
(でも、私とは別にバトらなかったなぁ・・・)

格別ジャズが好き、というわけでもなさそうだったが、マスターと
昔からの知り合いのよしみで、地域のためにも役立ちたいという思いで
活動に参加していたのだろう。

Tさんは保険屋さんか何かの仕事をしていて、あと、いわゆるネット
ワークビジネスのようなもので化粧品を売るなど、いろんなコトを
していた。
Tさんとジャススナックで知り合って間もない20代の頃、洗顔料を
勧められて、((Tさんは、40代のおばちゃんだけどお肌が綺麗だから、
いい洗顔料なのだろう)) と素直に(?)思って、買ってみたことがある。
(もちろん、その後、継続的に購入を強いられるようなことは
かった。)


Tさんと知り合ったその時期から、もう25年ほど経つ。
当時のTさんの年齢を、私も越えてしまった・・・。
(ってことは、私も「おばちゃん」なのですね。当たり前か)

最後に会ったのは、たしか7~8年前。
毎年、年賀状のやり取りは続いていたのだが、昨日、ご家族から
寒中見舞いが届き、彼女が亡くなったことを知らされた。
差出人の男性の名前には、Tさんの名から一文字とったと思われる
漢字が入っていたので、おそらく息子さんなのだろう。

  * * *


ジャズフェスティバルの実行委員(および、アマチュアのジャズ
演奏活動)は、試験勉強を理由に、この何年か遠ざかっている。
昨年も、試験にはあえなく敗退し、また復帰が一年遠くなった。

でも、合格には一歩ずつ近づいている自信はある。
小さな一歩の積み重ねだが、今年もがんばろう。

f0071144_17065993.jpg
f0071144_17073018.png



# by yurikamome0403 | 2019-01-16 17:18 | Comments(0)


会社の サギ出没ゾーン

先月のあるとき、会社で仕事中「川でも見よう」と席を立った。
(窓の外には、道路を挟んで帷子川が流れていて、冬季には
カモメなども来る。そろそろユリカモメ飛来の季節かと・・・)

窓に近づいて外を見ると、会社裏手の通称「水素小屋」( ← 研究所で
実験に使用する水素ガスのボンベを収容)の屋根に、掃除用ハンディ
モップのような物体が。

f0071144_21150478.jpg
・・・モップではなく、サギである。(アオサギあたりだろうか?)

また別の日、仕事をしていると、外から「クェ~」という珍妙な声が。
「!」と思い窓際に行ってみると、やはりコイツが。

f0071144_21171905.jpg

それ以来、かなり頻繁に姿を見かける。

わが社の施設が、サギ出没ゾーンになってしまった。
(川を眺めながら「カモ」を狙っているのカモ・・・)


# by yurikamome0403 | 2018-12-18 21:34 | 生きもの


筆記体で書けば・・・。

欧州出張の準備で忙しそうにしていた、職場の後輩M君。
「英語を速く書くコツって、何ですかね~」と、なぜか私に訊いてきたので
『筆記体で書けば、速いんじゃない?』
と適当に答えてしまったが、もちろん、彼が知りたいのはそういうこと
ではない。


すると、英語に堪能な上司Y氏から、
「英語は、書いた量に比例して速く書けるようになるんだよ。
よかったら、もっともっと仕事をあげるよ ♪ 」
と言われて、墓穴を掘ってしまったM君。

そんなM君、英語の資料作成等に苦労しながらも立派に仕事をこなし、先日
ドイツへと旅立っていった。

  * * *

「筆記体」といえば、近年では、学校の英語学習で筆記体を教えないのだ
とか・・・。
たしかに、筆記体は読みにくいし、たいして書き易くもないし。
(というより、筆記体でサッサカ書こうにも、脳内の英語の生成速度が
追いつかないのだ。)

ふと思ったけれど、円の面積「πr2」とかも、筆記体で書いたらπ(パイ)も
rもほとんど同じでワケわからなくなりそう。


 * * *

ハングル文字も、筆記体っぽく芸術的に書かれると読めない・・・
(韓国の弁理士の李先生が送って下さったグリーティングカード)

f0071144_15300065.jpg


# by yurikamome0403 | 2018-10-21 15:40 | ○ 仕事の日々 | Comments(2)


シャチのステージに乱入するウミネコ

盆休み中に南房総・鴨川シーワールドで観覧したシャチのパフォーマンス。
この場所は、近年になって何度も訪れているのだが、何回行っても
飽きることがない(・・・のは、自分だけかも知れないが)。


過去にもシャチの雄姿などを載せたのだが、
https://kamome0403.exblog.jp/24674378/
今回は、「ウミネコ」とセットで(!)シャチを堪能することができた。
(ウミネコは、後ほど登場。)


芸をこなして、トレーナーのお姉さんから褒められるシャチ。
シャチはお姉さんが大好きだね~。

f0071144_20524864.jpg
f0071144_20544515.jpg
こういうシーンを見ていると、「海の猛者シャチと人間との触れ合い」
的な微笑ましさを感じるけれど、一歩間違えればとんでもなく危険な
世界。トレーナーも、生半可な姿勢では務まらない仕事だろう。
・・・というわけで、シャチのご機嫌を損ねないよう(?)、
コミュニケーションに余念がないお姉さん。

f0071144_20541530.jpg
(ちなみに、ショー終了後のシャチの腰部を、お姉さんが靴の足で
トントンと叩いてあげたりしていた。シャチだって、疲れるよね。)

そして・・・、ショーの最中にステージに乱入し、餌の魚を横取り
するウミネコ。(お姉さんも唖然・・・?)

f0071144_20552099.jpg
私の脳内を、「おさかなくわえたウミネコ ♪」と、サザエさんの
メロディーが流れる。(← ウミネコじゃないって・・・。)


こんなに巨大なシャチが怖くはないのか、ウミネコ。
(襲いかかられたら一呑みだと思うが。)
ウミネコもここを毎日見ていて、こいつらは人間に飼いならされているから
襲ってこない、と知っているのかも知れない。


しばらくうろついていたウミネコは、そのうち
「シャチが居座っているからエサがなかなかgetできないや。フン!」と
でも言いたげに、シャチのプールに フ〇 を落としつつ、飛び立っていった。
(立つ鳥跡を濁さず、という言葉を知らんのか・・・。)


  *  *  *

実家のある市原の高滝にも寄った。
(緑でかたどった「たかかきダム」の文字が。)

f0071144_21082064.jpg



# by yurikamome0403 | 2018-08-21 22:53 | Comments(2)

    

趣味は ドラムを叩くこと & カモメの追っかけ です。
by yurikamome0403
見て下さってありがとう
■以前 八戸・蕪島を訪れた
ときのウミネコの写真です。 〔 ⇒ こちらを見てね!〕

■旧Blogは ・・・ 〔ここ。〕

カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧